2010年03月26日

天下一将棋会 その3

天下一将棋会対局レポート。前回(天下一将棋会 その2)の続きです。

と、その前に映画版の鉄拳 TEKKENNが昨日から公開された、見に行こうかどうか迷っている。ストリートファイターは見に行ったけど・・・
--------------------
天下一将棋会の筐体って、未だにあまり普及してないのかな?
麻雀格闘倶楽部の方は、すげぇ台数置いてあるのに、天下一将棋会はたいがい2台しか置いてない。
しかも、大型店みたいとこしかないような。

そもそも、麻雀よりも将棋は人気がないのかな・・・。
やはり、もっと、いろんなとこでアピールしていかないとダメだな。
天下一将棋会のプレイ人口を増やす為にも。

実はというか、天下一将棋会の対局動画撮影に挑戦してみているのだけど、これが、上手く出来ない。ムービーカメラを手で掲げて、撮影してみたら、盤面が画面に、納まらない。
2列くらい、見切れてしまうのだ。けっこう、高く掲げて、マクロ撮影に設定したのに、途中まで、撮影したけど、閉じた。

途中までの見難い奴でも、見たいという方がおられましたら、公開しようと思いますが。

ぶっちゃけ、撮影しながらの、対局はきつかったです。2局くらいやってみたけど、綺麗に撮る方に、神経を使ってしまって、10秒将棋でもないのに、序盤から対局がかなり雑になってしまい、ミス連発してしまいました。

撮影しながらの、対局はどうやら向いてないようです。盤面も見難くなるし。

ちなみに、撮影しようとした2局は、ボンミス連発で、早い段階で、どちらも、負けてしまいました。
-------------
屈辱の9連敗、そして、なんとか10連敗を免れた。銀月ぽんは、ここから、今までのが嘘のように、棋力がUPしていたのでした。

手始めに、初段に復帰して、とんとんと、2段昇格戦まで駆け上がります。(勝率も30%近くまで回復)
ここで、負けて、一歩後退、昇格戦、負けて一歩後退と、1級降格はしなくなったものの、今度は、2段昇格の壁に何度も跳ね返されることになります。

昇格戦の度に、3段とか4段など格上の人と対局してしまい、どうしても、この格上の方々に、弾かれてしまいます。

これを繰り返していたら、なんと、水鬼神から土鬼神に、変化してしまいました。

初段昇格の時に付いた鬼神がずっと、自分の鬼神だと思っていたので、突然画面が変わった時は、何が起きたのかわかりませんでした。

銀月ぽんは、けっこう指し間違えのポカミスも多くて、終盤がへたっぴなので、中盤まで圧倒していても、後半あっさり逆転されるパターンも多いです・・・。

上手い人からしたら、いやいやいや、そこから逆転されんなよと、総ツッコミされるような対局もけっこうあると思います。
あまり先が読めないので、圧倒的に場数が足りないのでしょう。

ただ、こっちの型に嵌った時は、格上相手でも圧倒的な勝ち方をする事も有り極端な対局が多いです。

余談、銀月ぽんは、もうすぐ対局数が、100局を迎えます。早く買取り制も、追加クレジットなしの1クレジットになってくれないかな・・・

今回はここまで、週2回くらいの活動なので、あまり、ネタを出してしまうと、現実に、追いついてしまい、載せることがなくなってしまうのです。すみません。

続きは、また今度・・・ To be continue
↓  ↓  ↓
天下一将棋会 公式サイト
posted by 銀月ぽん at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 天下一将棋会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/144764319
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。