2010年03月23日

天下一将棋会 その2

天下一将棋会日記前回の続きになります。と、その前に、チョと、訂正です。前回アミューズメントカードって書いたけど、eアミューズメントパスのことです(^ー^;

この天下一将棋会をするに当たって、お試しの時は、ゲスト参戦のプレイでも良いですが、継続しようと思ったら、Eアミューズメントパスを買って遊んだ方が楽しいです(^ー゚)b

1枚400円で、Eアミューズメントパス対応のゲーム機の傍にちっちゃい、自販機みたい奴が置いて有ります。これは、コナミの対応ゲーム全部に使えます。
-------------------------
天下一将棋会をプレイしはじめて、最初にぶち当たる壁それが、この初段からの対局です。

段位以下の時は、やはり、自分よりも明らかに弱い人ともよく当たるので、わりとサクサク勝てるんですが、初段からは、級位者たちとは対局しないので、明らかに自分よりも、強い人たちとよく対局するようになってきます。

個人的な感覚の内訳として、格上50%同レベル35%格下15%くらいじゃないかと感じます。

格上の人は、将棋歴自体も長そうです、同レベルの人は将棋少しやったことあるから、天下一将棋会をちょっと遊んでみて、これ面白いと感じてやり始めた、私のような人ではないかと推測します。

そういえば、小学校低学年の時、将棋クラブに入っていたのを今思い出しました。週1回の授業で1年ほどでしたが。
格下の人は、多分駒の動かし方を知っている人だと思います。

通常の対戦物では明らかに実力差があっても、回避できずに問答無用で対戦し、さんざんな目にあってやる気をなくして辞めていくパターンが多いです。

しかし、天下一将棋会って、初心者から上級者まで、棋力によって振り分けられて対局することにより、これだけ、敷居が低くなってます。
駒の動かし方を知ってさえいれば、eアミューズメントパスを買って、今すぐにでも参戦できます!

天下一将棋会の魅力に憑り付かれて、チョと長くなってしまいました。

ここから、前回の続きです。とんとん拍子に初段まで、駆け上がったのですが、前置きで書いたように、格上戦が続き3連敗で、段位落ち、降格、なんと1級に逆戻りです。ここで、また2連勝して、初段に昇格します。そして、3連敗して1級に降格、2連勝して初段復帰と4回くらいこんなことを繰り替えします。これじゃダメだ。

今の自分の指し方や戦略を変えていかないと、同レベル以外の段位持ちには、全く勝てないと悟り、いろいろ試しながら、迷走し始めます。

そして、段位者どころかゲストや級位者にも負けこみ、なんと屈辱の9連敗です。全国ランキング175連勝ってのも凄いけど、連敗数もちょと見て見たいと思ってしまいました。勝率が18%くらいまで落ち込みました。
9連敗なんて、全国ランキングワースト10に入ってるんじゃないのか・・・

しかし、この9連敗で試行錯誤して、見につけた棋力が、これからの対局に活きて来るのがこの時点では、まだ、気付いてません。

今日は、ここまで!
続きは、また次回に、ありがとうございました。

※管理人 銀月ぽんは、一般的な土、日、祝日ではなく、平日休みが多いので、平日の昼間(13時〜16時くらい)にプレイすることが多いです。

対局者が、石川県で、昼間に対局したら、もしかしたら、私かもしれません。
強くないですが、その時は宜しくお願いします。

↓  ↓  ↓
天下一将棋会 公式サイト
posted by 銀月ぽん at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 天下一将棋会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。